農業支援策の御案内(こんなときにはどうぞ!農業版2021)について

更新日:2021年06月30日

 

 

miyazakiinu.png

 

 

 

 

宮崎県で農業を営んでいる方、農業を始めたい方、農業法人に就職したい方などを対象とした各種支援策について掲載しています。

事業名や制度名などの青文字部分をクリックすると、その説明部分へ移動できます。興味がある事業や制度がありましたら、クリックをしてください。
詳細について知りたい場合には、記載されている「問合せ先」に御連絡ください。

まずは、目次部分の興味のある項目をクリックしてみてください。

 

PDFでご覧になりたい方はこちらです↓
(こんなときはどうそ2021農業版)(PDFファイル:2.1MB)

 

 

↓↓↓下へ↓↓↓

 


 

農業支援策

1 農業支援策(内容別)

(1)農業に従事されている方

 

a.生産

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

鳥獣被害の防止に取り組みたい

 

 

鳥獣被害防止対策実施等に対する補助

 

 

鳥獣にまけない魅力ある地域づくり事業

 

 

農政企画課

中山間農業振興室

鳥獣被害対策担当

 

0985-26-7924

 

 

 

 

技術力を高めたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術力向上に関する相談・指導

 

 

 

 

 

協同農業普及事業

 

 

 

 

 

農業普及技術課
普及企画担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-0068

 

一覧へ

 

 

 

農業に関する研修受講に対する融資

 

 

 

農業近代化資金

 

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業改良資金
【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

0985-29-6811

 

 

新しい技術・品目に取り組みたい

 

 

 

 

 

新技術・品目導入に関する相談・指導

 

 

 

協同農業普及事業

 

 

 

 

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

総合農業試験場

 

一覧へ

 

 

0985-73-2121

 

新技術・品目導入に対する融資

 

 

農業改良資金
【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

0985-29-6811

 

 

GAPに取り組みたい

 

 

 

 

 

GAPに関する相談・指導

認証取得に対する支援

 

 

 

 

 

「GAPで変える!」産地ステップアップ支援事業

 

 

農業流通ブランド課
食の安全推進担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-7132

一覧へ

 

 

畜産GAP拡大推進加速化事業

 

畜産振興課
畜産経営支援担当

 

0985-26-7138

 

 

環境保全型農業に取り組みたい

 

 

エコファーマーや有機農業に関する相談・指導

 

 

 

農業普及技術課

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-7126

 

一覧へ

 

 

加工・業務用農産物の生産性を向上させたい

 

 

実需者と連携し、生産から加工までの一貫したモデルの作業体制の分析や、生産性向上に係る資機材の導入に対する支援

 

耕種版インテグレーション加速化事業

 

 

 

農産園芸課
露地園芸担当

 

 

 

0985-26-7137

 

 

 

畑地かんがいを活用した営農に取り組みたい

 

 

 

畑地かんがいを活用した営農に関する相談・情報提供

 

 

 

 

畑かんフィールドで拡がる!畑作産地育成事業

 

スマート畑かん大規模経営体育成事業

 

農村計画課
畑かん営農推進室畑かん営農推進担当

農林振興局
農業経営課

 

0985-26-7129

 

 

一覧へ

 

 

家畜防疫対策を強化したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家畜防疫対策の相談・指導

飼養衛生管理基準の遵守

農場防疫の強化支援

 

 

 

 

 

次世代の畜産を守る家畜防疫対策事業

 

全国のモデルとなる家畜防疫対策事業

 

 

 

 

西臼杵支庁及び各農林振興局(農業改良普及センター)

各家畜保健衛生所
家畜防疫対策課
防疫企画担当
防疫指導担当

 

一覧へ

 

 

 

0985-26-7139

 

 

ブロイラー農場におけるバイオセキュリティ向上及び生産効率改善の取組に対する支援

 

 

ブロイラー生産環境向上対策事業

 

 

 

畜産振興課

酪農・中小家畜振興担当

 

 

 

0985-26-7141

 

 

 

>目次のページへ

 

b.経営

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

経営管理能力を高めたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

経営管理能力向上のための研修会の開催、個別指導

 

 

 

 

協同農業普及事業

 

 

 

 

 

農業普及技術課
普及企画担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-0068

 

一覧へ

 

 

 

たくましい実践力を備えた地域のリーダーとなる担い手に特化した研修の実施

 

 

農業人材育成総合拠点強化事業

 

 

農業普及技術課
普及企画担当

農業担い手対策課
担い手確保担当

 

0985-26-0068

 

0985-26-7124

 

経営を改善したい

 

 

 

 

 

 

 

 

経営改善のための研修会、個別指導

 

 

 

農業経営改善計画を作成し、市町村長等の認定を受けた認定農業者に対する優遇措置

 

協同農業普及事業

 

 

 

 

認定農業者制度

 

 

 

農業普及技術課
普及企画担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

農業担い手対策課
担い手確保担当

 

0985-26-0068

 

一覧へ

 

 

0985-26-7124

 

運転資金を確保したい

 

 

 

 

 

 

運転資金に対する融資

 

 

 

 

 

 

 

農業経営改善促進資金
(スーパーS資金)

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)

【日本政策金融公庫】

 

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

 

0985-29-6811

 

 

 

 

負債を整理したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

負債整理に対する融資

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業経営負担軽減支援資金

 

農業経営支援課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

経営体育成強化資金
【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

0985-29-6811

 

 

畜産特別資金(大家畜・養豚特別支援資金)

 

畜産経営体質強化支援資金

 

畜産振興課

畜産経営支援担当

 

 

 

0985-26-7138

 

 

 

 

法人経営の改善・発展を目指し、農業コンサル等の支援を受けたい

 

 

 

 

法人経営の向上を目指した活動の支援や各種コンサルタントの派遣

 

 

 

 

 

みやざきの農を支える担い手確保・育成体制整備事業

 

 

 

 

 

農業担い手対策課
担い手確保担当
参入支援・人材対策担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-7124

 

 

 

一覧へ

 

 

 

法人化したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

法人化に向けた相談、研修会の開催

 

 

 

 

 

 

みやざきの農を支える担い手確保・育成体制整備事業

 

 

 

 

 

農業担い手対策課
担い手確保担当
参入支援・人材対策担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

宮崎県農業会議

 

0985-26-7124

 

 

 

一覧へ

 

 

0985-73-9211

 

法人化に対する融資

 

 

 

 

 

 

農業近代化資金

 

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)

【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

0985-29-6811

 

 

 

価格低落、災害時の収入減に対応したい

 

 

 

 

 

野菜の価格低落時の補てん

 

青果物価格安定対策事業

 

農産園芸課施設園芸担当

 

0985-26-7137

 

肉用子牛の価格低落時の補てん

 

 

肉用子牛生産者補給金制度

 

畜産振興課
肉用牛振興担当

 

 

 

 

0985-26-7138

 

 

 

 

 

肥育牛の価格低落時の補てん

 

 

肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)

 

経営所得安定対策を受けたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水田で、麦、大豆、米粉用米、飼料用米等を生産する販売農家等に対する交付金の交付

 

水田及び畑地で、麦、大豆、そば、なたね等を生産する販売農家等に対する交付金の交付

 

米・畑作物の収入減少影響緩和

 

 

経営所得安定対策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農産園芸課
水田農業担当

農業担い手対策課
担い手確保担当

 

 

 

 

 

 

0985-26-7136

 

0985-26-7124

 

 

 

 

 

 

 

価格低落、災害時の収入減に対応したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉豚の価格低落時の補てん

 

 

肉豚経営安定交付金制度(豚マルキン)

 

畜産振興課

酪農・中小家畜振興担当

 

 

 

0985-26-7141

 

 

 

 

鶏卵の価格低落時の補てん

 

鶏卵生産者経営安定対策

 

自然災害に対する損失の補てん

 

 

農業共済制度

 

 

農政企画課
農協農済担当

 

0985-26-7784

 

 

自然災害や価格低下による収入減少の補てん

 

収入保険制度

 

 

農政企画課
農協農済担当

 

0985-26-7784

 

 

災害や法令の処分等に伴う社会的・経済的損失に対する融資

 

 

 

 

 

 

 

 

 

災害資金

経済変動・伝染病等対策資金

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

 

0985-26-7131

 

 

 

農林漁業セーフティネット資金

【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

0985-29-6811

 

 

 

家畜疾病経営維持資金

 

 

畜産振興課
畜産経営支援担当

 

0985-26-7138

 

 

ハウス暖房用及び茶加工用燃油の価格高騰の影響を緩和したい

 

施設園芸の暖房用及び茶加工用燃油の価格高騰時の補てん

 

 

 

燃油価格高騰対策

 

 

 

 

農業技術普及課
環境保全担当

 

 

 

0985-26-0068

 

 

 

>目次のページへ

c.施設・機械

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

施設・機械を整備したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品目横断的な作業の受託能力向上等のために必要な施設・機械等の整備

 

未来につなぐ中山間地域農業支援事業

 

 

農政企画課

中山間農業振興室

中山間活性化担当

 

0985-26-7924

 

 

 

加工食品等の輸出拡大に必要な製造等の施設や機器整備等に対する補助

 

食品産業の輸出向けHACCP等対応施設整備事業

 

農業流通ブランド課

輸出・流通担当

 

 

0985-26-7847

 

 

輸送の効率化や新たな日常に対応できるパレット、冷蔵施設、荷役装置等の整備に対する補助

 

みやざき農の物流革新事業

 

農業流通ブランド課
輸出・流通担当

 

 

0985-26-7847

 

 

効率の高い米生産に必要な機械の整備に対する補助

 

需要に応える宮崎米生産体制整備事業

 

農産園芸課

水田農業担当

 

0985-26-7136

 

 

花きに関する施設・機械の整備に対する補助              

 

伸ばせ「みやざきの花」産地拡大支援事業

 

農産園芸課
施設園芸担当

 

0985-26-7137           

 

施設・機械を整備したい(つづき)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

果樹に関する施設・機械の整備に対する補助               

 

 

 

次世代果樹ブランド産地育成支援事業

ブランド果樹産地リノベーション推進事業

 

農産園芸課

施設園芸担当

露地園芸担当

 

 

0985-26-7137

 

 

 

 

農産物の生産から流通に必要な共同利用施設等の整備に対する補助

 

 

 

 

宮崎の農業「強い産地づくり」対策事業
(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

産地パワーアップ計画支援事業

 

農産園芸課

生産振興企画、水田農業、畑作農業、施設園芸、露地園芸の各担当

 

 

 

0985-26-7135

 

 

 

 

 

 

降灰による農作物の被害を防止・軽減するための施設・機械等の整備に対する補助

 

活動火山周辺地域防災営農対策事業

 

 

農業普及技術課 環境保全担当

 

0985-26-0068

 

 

 

老朽化等により十分な耐候性がない農業用ハウスの補強や防風ネットの設置等に対する補助

 

農業用ハウス強靱化緊急対策事業

 

 

農産園芸課

施設園芸担当

 

0985-26-7135

 

 

 

畜舎・ハウスの整備、家畜の購入、果樹・花きの植栽等に対する融資

 

 

 

 

 

 

農業近代化資金

 

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)

農業改良資金

経営体育成強化資金【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

 

 

0985-29-6811

 

 

 

 

 

農業用機械等を導入する際の融資残に対する補助

条件不利地域における共同利用機械等の補助

 

経営体育成支援事業

 

 

 

 

農業担い手対策課参入支援・人材対策担当

 

 

 

0985-26-7124

 

 

 

 

肉用牛に関する施設・機械の整備に対する補助

 

 

 

 

 

 

 

 

畜産競争力強化整備事業

肉用牛振興施設整備事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

肉用牛経営安定対策補完事業

"和牛の産地みやざき"繁殖基盤強化対策事業

畜産公共事業

 

畜産振興課

畜産新生企画担当

畜産経営支援担当

肉用牛振興担当

 

 

 

 

 

 

0985-26-7138

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設・機械を整備したい(つづき)

 

 

 

 

 

 

 

 

酪農、養豚、養鶏に関する施設・機械の整備に対する補助

 

 

 

 

 

 

 

 

畜産競争力強化整備事業

養豚振興施設整備事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

養鶏振興施設整備事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

畜産公共事業

 

 

畜産振興課

畜産新生企画担当

酪農・中小家畜振興担当

畜産経営支援担当

 

 

 

 

 

 

0985-26-7141

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施設・機械を整備したい(つづき)

 

 

 

 

 

 

 

畜産経営の生産性や飼料自給率の向上、飼料生産受託組織等の経営高度化等のために必要な機械装置の導入等を支援

 

 

畜産・酪農収益力強化整備等特別対策事業(機械導入事業)

 

 

 

畜産振興課

畜産経営支援担当

 

 

 

 

0985-26-7138

 

 

 

 

>目次のページへ

 

d.生産基盤

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

生産基盤を整備したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農地の改良・造成に対する融資

 

 

 

 

 

 

 

 

農業近代化資金

 

 

農業普及技術課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業改良資金

農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)

経営体育成強化資金

【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

 

 

0985-29-6811

 

 

 

 

 

肥育素牛の導入に対する融資

 

 

肥育素牛価格変動対策資金

 

農業普及技術課農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農地の区画整理や暗渠排水等の整備、農業用用排水路や農道の改修・整備、中山間地域における農業生産基盤の総合整備、ため池や排水ポンプ場等の整備を行う防災・減災事業

 

農業農村整備事業

 

 

 

 

 

 

農村計画課
計画調整担当

 

 

 

 

 

0985-26-7125

 

 

 

 

 

 

小規模な各種の生産基盤の整備、経営体の農地集積・規模拡大を図るための簡易な生産基盤の整備

 

県単独土地改良事業

農地耕作条件改善事業

農地集約化促進基盤整備事業

 

農村整備課

農村整備担当

 

 

 

0985-26-7143

 

 

 

 

農業水利施設の機動的かつ効率的な長寿命化対策及び防災減災対策

 

農業水路等長寿命化・防災減災事業

 

 

農村整備課

農村整備担当

農地防災担当

 

0985-26-7143

0985-26-7144

 

 

繁殖雌牛の導入に対する補助

 

 

 

畜産競争力強化整備事業

肉用牛経営安定対策補完事業

 

畜産振興課

畜産新生企画担当

肉用牛振興担当

 

0985-26-7138

 

 

 

乳用繁殖雌牛及び繁殖母豚の導入に対する補助

 

畜産競争力強化整備事業

 

畜産振興課

酪農・中小家畜振興担当

 

0985-26-7141

 

 

酪農公社に乳用育成牛を預託する経費の一部助成

 

 

次代につなぐ宮崎型酪農強化支援事業

 

 

畜産振興課

酪農・中小家畜振興担当

 

 

0985-26-7141

 

 

>目次のページへ

 

e.生活基盤

内容

制度・事業等

お問い合わせ先

電話番号

概要

名称

 

生活環境を整備したい

 

 

 

 

 

営農飲雑用水、農業集落排水や集落道等の生活環境の整備

 

 

 

 

 

農業農村整備事業

 

 

農村計画課
計画調整担当

 

0985-26-7125

 

 

活力あるふるさとづくり事業

 

 

農村整備課

農村整備担当

 

 

0985-26-7143

 

 

>目次のページへ

f.農地

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

農地を買いたい・借りたい

 

農地を売りたい・貸したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農地の購入に対する融資

 

 

 

 

農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)

経営体育成強化資金
【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

 

0985-29-6811

 

 

 

 

農地の賃借に対する融資

 

 

 

 

 

 

 

 

農業近代化資金

 

 

農業経営支援課

農業金融担当

 

0985-26-7131

 

 

農業経営基盤強化資金
(スーパーL資金)

農業改良資金

経営体育成強化資金

【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

 

 

0985-29-6811

 

 

 

 

 

農地の売買に要する一部経費の控除や事務手続きの支援

 

農地売買支援事業

 

 

農業担い手対策課

農地対策担当

 

 

 

 

 

0985-24-1444

 

 

 

 

 

 

農地中間管理機構を活用し、農地の集積・集約化を進める地域や個人を支援

 

農地中管理機構等支援事業(機構集積協力金交付事業)

 

荒廃した農地を再生、活用したい

 

 

荒廃農地の再生に必要な基盤整備等

 

 

農地耕作条件改善事業

 

 

 

農村整備課

農村整備担当

 

 

0985-26-7143

 

 

>目次のページへ

 

g.その他

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

農泊やグリーンツーリズムに取り組みたい

 

 

地域協議会等が実施する農泊推進のための取組を支援

 

 

宮崎の魅力を活かす農泊地域総合支援事業

 

 

農政企画課
中山間農業振興室
中山間活性化担当

 

0985-26-7924

 

 

 

農業の6次産業化に取り組みたい

 

農産加工に取り組みたい

 

 

 

6次産業化に向けた施設・機械の整備並びに新商品開発や販路開拓等を支援

 

 

地域食資源高付加価値化推進事業

 

農業流通ブランド課
6次産業化推進担当

 

 

0985-26-7847

 

 

 

自ら生産した農畜産物を主原料とした加工の事業を開始する時の融資

 

 

農業改良資金
【日本政策金融公庫】

 

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

 

0985-29-6811

 

 

 

地産地消や食育に取り組みたい

 

 

食育ティーチャーとしての登録及び自主的活動に対する支援等

 

 

みやざき食の安全・食育連携強化推進事業

 

 

農業流通ブランド課

食の安全推進担当

 

0985-26-7132

 

 

 

農水産物の輸出に取り組みたい

 

 

輸出先国のニーズ・規制等に対応した産地づくりやパートナーと連携した取引づくり等を支援

 

 

世界市場で稼ぐ!輸出強化事業

 

農業連携推進課

輸出・流通担当

 

 

0985-26-7847

 

 

 

集落活動に取り組みたい

 

 

 

 

 

 

山間地域の集落が地域の資源を活用した新たなビジネスを創出するためのモデル構想策定支援

 

山間地域で稼げる集落モデル構築支援事業

 

 

農政企画課

中山間農業振興室

中山間活性化担当

 

0985-26-7924

 

 

 

集落営農の組織化に向けた支援の実施

 

 

みやざきの農を支える担い手確保・育成体制整備事業

 

農業担い手対策課参入支援・人材対策担当

 

0985-26-7124

 

 

 

女性農業者の活動を活性化したい

 

 

女性農業者による社会参画等に向けた活動に対する補助

 

 

女性の活力でリードする農山漁村パワーアップ事業

 

農業担い手対策課担い手確保担当

 

 

0985-26-7124

 

 

 

小水力発電等の再生可能エネルギーに取り組みたい

 

農業用水等を利用した小水力発電等の農村地域への導入を支援

 

 

小水力発電等農村地域導入支援事業

 

 

農村整備課

農村整備担当

 

 

0985-26-7143

 

 

 

中山間地域等で農地の保全に取り組みたい

 

 

中山間地域等において、農地や農道・水路等を保全管理し、農業生産活動を維持することに対する直接支払

 

中山間地域等直接支払交付金

 

 

 

農村整備課

農村地域保全担当

 

 

 

0985-26-7143

 

 

 

 

環境負荷を低減する営農に取り組みたい

 

化学肥料や化学合成農薬の使用を大幅に低減するなどの環境保全効果の高い営農活動への支援

 

環境保全型農業直接支払交付金

 

 

農村整備課

農村地域保全担当

 

 

0985-26-7143

 

 

 

農地・農業用水等や農村環境を地域で守りたい

 

 

地域共同で行う、多面的機能を支える活動や、地域資源(農地、水路、農道等)の質的向上を図る活動を支援

 

多面的機能支払交付金

 

 

 

 

農村整備課

農村地域保全担当

 

 

 

0985-26-7143

 

 

 

 

スマート農業で就業環境を改善したい

 

 

 

農畜産業の就業環境の改善に向けて産地と民間事業者等が共同で実施する産地実証及びスマート農業を牽引する人材の育成を支援

 

スマート農業による働き方改革産地実証事業

 

 

 

 

農産園芸課
生産振興企画担当

畜産振興課
肉用牛振興担当

 

 

0985-26-7135

 

0985-26-7138

 

 

 

UIJターンにより中山間地域で就農したい

 

 

 

 

中山間地域へUIJターンにより肉用牛・養鶏・施設園芸・果樹で就農を希望する者に対して、技術研修や簡易整備等を支援

 

 

「稼げる農」で呼び込む中山間地域移住定着促進事業

 

 

 

 

農産園芸課
施設園芸担当
露地園芸担当

畜産振興課
畜産新生企画担当

 

 

 

0985-26-7137

 

0985-26-7140

 

>目次のページへ

(2)農業を始めたい方

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

就農の準備をしたい

 

 

 

 

 

 

 

就農に関する相談、情報の提供

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農業担い手対策課担い手確保担当

宮崎県農業振興公社

宮崎県農業会議

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

0985-26-7124

0985-51-2631

0985-73-9211

一覧へ

 

 

 

技術や経営管理手法を修得したい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

技術や経営に関する相談

 

 

 

 

 

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

 

一覧へ

 

 

 

就農に必要な実践的な知識や技術の習得

 

 

 

みやざき農業実践塾

 

 

 

 

農業担い手対策課担い手確保担当

農業総合研修センター

 

0985-26-7124

 

0983-23-7447

 

研修期間中の所得の確保

 

 

 

 

農業次世代人材投資事業(準備型)

 

 

 

農業担い手対策課
担い手確保担当

宮崎県農業振興公社

 

0985-26-7124

 

0985-51-2631

 

農業法人を設立したい

 

 

 

 

 

 

 

法人設立に向けた相談、研修会の開催

 

 

 

 

 

 

 

みやざきの農を支える担い手確保・育成体制整備事業

 

 

 

 

 

 

農業担い手対策課
担い手確保担当
参入支援・人材対策担当

西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)

宮崎県農業会議

 

0985-26-7124

 

 

 

一覧へ

 

 

0985-73-9211

 

他産業から農業に参入したい

 

 

農業参入に関する相談・対応及び農業者等とのマッチングに対する支援

 

「地域と創る」新たな農業参入雇用創出事業

 

 

農業担い手対策課
参入支援・人材対策担当

 

0985-26-7124

 

 

 

施設・機械を整備したい

 

施設・機械整備に対する融資

 

 

青年等就農資金
【日本政策金融公庫】

 

日本政策金融公庫宮崎支店

 

0985-29-6811

 

 

就農直後の所得の安定を図りたい

 

 

 

独立・自営就農直後の所得の確保

 

 

 

農業次世代人材投資事業(経営開始型)

 

 

 

農業担い手対策室担い手確保担当

 

 

0985-26-7124

 

 

 

>目次のページへ

(3)農業法人に就職したい方

内容

制度・事業等

お問合せ先

電話番号

概要

名称

 

農業法人に関する情報を入手したい

 

 

 

 

 

 

 

 

就業に関する相談、情報提供

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎県農業振興公社

宮崎県農業会議

宮崎県農業法人経営者協会

農業担い手対策課担い手確保担当
参入支援・人材対策担当

 

 

0985-51-2631

0985-73-9211

0985-73-9211

 

0985-26-7124

 

 

>目次のページへ

 

■ 西臼杵支庁及び農林振興局(農業改良普及センター)電話番号

 

中部

 

 

 0985-26-7278

(0985-30-6121)

 

南那珂

 

 

 0987-23-4311

(0987-21-9550)

 

北諸県

 

 

 0986-23-4508

(0986-38-1554)

 

西諸県

 

 

 0984-23-3164

(0984-23-5105)

 

児湯

 

 

 

 0983-22-1362

(0983-43-2311)

 

 

東臼杵

南部

 

 

 0982-32-6134

(0982-68-3100)

 

 

東臼杵

北部

 

 

 0982-32-6134

(0982-32-3216)

 

 

西臼杵

 

 

 

 0982-72-2181

(0982-72-2158)

 

■ 家畜保健衛生所電話番号

 

宮崎

 

0985-73-1377

 

都城

 

0986-62-5151

 

延岡

 

0982-32-4308

 

日南駐在

 

 

0987-64-2212

 

 

小林駐在

 

 

0984-22-7011

 

 

高千穂駐在

 

 

0982-72-2511

 

 

>目次のページへ

(4)中山間地域等を対象として、補助率等で優遇される事業(再掲)

内容

事業名

中山間地域等への優遇

 

生産

 

 

鳥獣にまけない魅力ある地域づくり事業

 

 

中山間地域(※)及び指定棚田地域において、高補助率

 

経営

 

 

 

青果物価格安定対策事業

 

 

 

中山間地域(※)かつ林野率約50%以上。国の要件を満たさない産地や品目に、県・市町村の高補助率を設定

 

施設機械

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

未来につなぐ中山間地域農業支援事業

 

 

中山間地域(※)及び農林統計上の中間農業地域・山間農業地域及び指定棚田地域が対象

 

経営体育成支援事業

 

 

事業で定める条件不利地域を条件不利地域型として採択

 

需要に応える宮崎米生産体制整備事業

 

 

農林統計上の山間農業地域において受託面積要件を緩和

 

宮崎の農業「強い産地づくり」対策事業

 

 

中山間地域(※)において、受益面積要件が品目別に緩和及び採択要件のポイント加算

 

産地パワーアップ計画支援事業

 

 

中山間地域(※)において、受益面積要件が品目別に緩和及び採択要件のポイント加算

 

生産基盤

 

 

 

 

 

農業近代化資金

 

 

 

5法(※)に「棚田地域振興法」を加えた6法の内、2法以上の対象となる地域において、中山間地域振興対策として利子補給率上乗せ(実質金利0%)

 

農業農村整備事業

 

 

中山間地域(※)及び指定棚田地域において、要件緩和、高補助率

 

生活基盤

 

中山間地域活性化資金

 

 

中山間地域(※)が対象

 

 

農地

 

 

 

 

 

農地中間管理機構等支援事業

 

 

農林統計上の中間農業地域と山間農業地域。機構を活用した集積率別に交付単価を設定

 

農地耕作条件改善事業

 

 

中山間地域(※)及び指定棚田地域において、要件緩和、高補助率

 

その他

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

宮崎の魅力を活かす農泊地域総合支援事業

 

 

中山間地域(※)及び農林統計上の中間農業地域・山間農業地域及び指定棚田地域が対象

 

山間地域で稼げる集落モデル構築支援事業

 

農林統計上の山間農業地域及び指定棚田地域が対象

 

「稼げる農」で呼び込む中山間地域移住定着促進事業

 

中山間地域(※)及び指定棚田地域が対象

 

 

中山間地域等直接支払交付金

 

 

中山間地域(※)及び指定棚田地域が対象

 

※  中山間地域とは、「特定農山村法」「過疎法」「山村振興法」「離島振興法」「半島振興法」(5法)のうち1法 以上の対象となる地域を指します。

>目次のページへ

2 農業支援策(種類別)

(1)補助金

 鳥獣にまけない魅力ある地域づくり事業

目的

 

集落の実態に応じて、ソフト、ハードを組み合わせて総合的に支援することにより、更なる被害の減少を図るとともに、捕獲鳥獣(ジビエ)の地域資源としての利活用等を支援する。

補助対象者

市町村、地域協議会

補助対象経費

 

 

地域協議会等が実施する被害防止対策
1.研修や追い払い体制整備等
2.防護柵及び処理加工施設等の設置等
3.捕獲活動経費の直接支援

補助率

定額、55/100以内、1/2以内

問合せ先

農政企画課 中山間農業振興室 鳥獣被害対策担当
電話 0985-26-7924

 

 宮崎の魅力を活かす農泊地域総合支援事業

目的

 

農泊を推進する地域協議会等が地域内の他の業種等と連携して行う魅力向上のための活動や情報発信等、農泊推進のための取組を支援する。

補助対象者

 

地域協議会等

補助対象経費

 

農家民宿開業促進のための研修会開催や体験メニュー開発など、農泊の推進に要する経費

補助率

1/2以内

問合せ先

農政企画課 中山間農業振興室 中山間活性化担当
電話 0985-26-7924

 

 未来につなぐ中山間地域農業支援事業

目的

作業受託組織の育成強化に向けた取組等を支援し、地域農業を支える営農体制を構築することで、中山間地域農業の維持・発展を図る。

補助対象者

作業受託組織等、市町村

補助対象経費

 

品目横断的な作業受託の推進に向けた取組や受託能力向上のために必要な施設・機械等の整備に要する経費

補助率

1/3以内、1/2以内

問合せ先

農政企画課 中山間農業振興室 中山間活性化担当
電話 0985-26-7924

 

 山間地域で稼げる集落モデル構築支援事業

目的

 

条件不利な山間地域の農村集落において、農作物や地域の資源を活用した新たなビジネスを創出するため、集落によるモデル構想の策定や構想実現に向けた新たな取組の実証・調査を支援する。

補助対象者

集落等

補助対象経費

 

山間地域の農村集落による地域の資源を活かした所得確保モデル構想の策定及び策定に必要な実証活動に要する経費

補助率

定額

問合せ先

農政企画課 中山間農業振興室 中山間活性化担当
電話 0985-26-7924

 

食品産業の輸出向けHACCP等対応施設整備事業

目的

 

輸出先国のニーズに対応するため、HACCP基準を満たし、輸出先国の求める家庭消費向 けの加工品製造施設や機械の整備を行うことで、新たな輸出先の確保と輸出の拡大を図る。

補助対象者

 

食品製造事業者、食品流通事業者、中間加工事業者等

補助対象経費

 

1.加工食品等の輸出拡大に必要な製造・加工、流通等の施設の新設(かかり増し経費)及び改修、機器の整備に要する経費(HACCP等の認定取得や、輸出先国のバイヤー等が求めるISOやFSSC等の認定取得に必要な規格を満たすための施設・設備等)

2.施設整備と一体的に行い、その効果を高めるために必要なコンサル等の経費

補助率

1/2以内、3/10以内

問合せ先

農業流通ブランド課 輸出・流通担当
電話 0985-26-7847

 

世界市場で稼ぐ!輸出強化事業

目的

 

国事業を活用したグローバル産地の拡大や輸出に挑む産地を支援するとともに、輸出パートナーや香港事務所と連携し、コロナ禍で変化した消費ニーズを踏まえた販促展開や新たな需要が見込まれる中華圏等の販路拡大を強化する。

補助対象者

 

農業法人、農業団体等

補助対象経費

 

1.GFP産地による輸出拡大支援事業
国の農林水産物・食品輸出プロジェクト(GFP)産地の輸出拡大を支援。

2.輸出に挑む産地づくり支援事業
輸出先国のニーズや規制に対応した産地づくり、輸出パートナーと連携した取引づくり等を支援

補助率

 

1.定額
2.1/3以内

問合せ先

農業流通ブランド課 輸出・流通担当
電話 0985-26-7847

 

みやざき農の物流革新事業

目的

 

持続可能で効率的な農畜水産物の輸送体制の構築を図るため、パレット化等による輸送の効率化や共同輸送等の新たな物流網の構築を支援するとともに、ICT等のデジタル技術を駆使し、モノと情報を届ける輸送体制への変革を推進する。

補助対象者

 

農業団体、農業法人等

補助対象経費

 

農産物の物流革新に向けた条件整備支援事業
(輸送の効率化や新たな日常に対応できるパレット、冷蔵施設、荷役装置等)

補助率

1/3以内

問合せ先

農業流通ブランド課 輸出・流通担当
電話 0985-26-7847

 

地域食資源高付加価値化推進事業 >>詳細ページへ

目的

 

県産食資源の高付加価値化や新たな活用方法を再構築するため、産地及び消費地の食農関係者等で構成する推進組織を設置し、本県食資源の高付加価値化に向けた取組を支援する。

補助対象者

 

1.市町村
2.農林漁業者・団体、民間事業者、市町村等
3.六次産業化・地産地消法又は農商工等促進法の認定を受けた農林漁業者等

補助対象経費

 

1.市町村6次産業化戦略の策定、人材育成研修会の開催に要する経費
ただし、人材育成研修会の開催は、戦略策定市町村が補助対象
2.新商品の開発、販路開拓等に要する経費
3.加工・販売施設等の整備に要する経費

補助率

 

 

 

 

1.定 額

2.1/3以内 ただし、市町村戦略・構想に基づく取組や業務用需要に対応したB toBの取組、農福連携の取組、農泊と連携した観光消費促進の取組 に該当する場合は1/2以内

3.3/10以内  融資残額(事業費の3/10以内)、上限1億円(業務用需要に対 応したBtoBの取組に該当する場合は上限2億円)

 ただし、中山間地域において地域別農業振興計画に基づく取組又は市町村戦略・構想に基づく取組、事業計画の開始から2年以内に障害者雇用を行う取組は1/2以内

問合せ先

 

農業流通ブランド課 6次産業化推進担当
電話 0985-26-7847

 

 みやざき食の安全・食育連携強化推進事業

目的

 

「宮崎県食の安全・安心推進条例」の基本理念に沿って、県内全ての食品事業者特に直売所に対し、食品表示の徹底及び監視指導体制を強化するとともに、地域や食育ティーチャー及び学校・民間企業等との連携を強化し、幅広い世代の県民が参加する食育・地産地消活動を展開する。

補助対象者

 

みやざきの食と農を考える県民会議、市町村等

補助対象経費

 

食品表示研修会の開催やテキストの作成、食育ティーチャー活動支援、食育講座の拡大や地産地消啓発イベントの開催、大学等と連携した食育・地産地消推進の取組に要する経費

補助率

 

定額、1/2以内

問合せ先

 

農業流通ブランド課  食の安全推進担当
電話 0985-26-7132

 

「GAPで変える!」産地ステップアップ支援事業

目的

 

農業経営の改善や安全・安心の確保を目的に、GAPの更なる推進・定着を図るため、指導員の育成研修や団体認証に対応したスキルアップ研修の実施、また農業教育機関に対する認証取得の支援を実施する。

補助対象者

 

農業教育機関

補助対象経費

国際水準GAP認証取得に要する経費

補助率

 

定額

問合せ先

 

農業流通ブランド課 食の安全推進担当
電話 0985-26-7132

 

 農薬防除等生産技術高度化推進事業

目的

農薬防除技術による健全な作物づくりを進めるため農薬の適正使用や残留農薬分析に取り組むことにより、産地力の強化を図る。

補助対象者

 

(一社)食の安全分析センター、農業協同組合等

補助対象経費

 

残留農薬分析に要する経費

補助率

 

1/2以内

問合せ先

農業普及技術課 環境保全担当
電話 0985-26-7133

 

 活動火山周辺地域防災営農対策事業

目的

桜島の降灰による農作物の被害を防止・軽減するため、降灰被害防止施設・機械等の整備を支援し、農家の経営安定を図る。

補助対象者

営農集団、農業協同組合 等

補助対象経費

降灰被害防止・軽減のための施設・機械等の整備に要する経費

補助率

6/10、1/2以内

問合せ先

農業普及技術課 環境保全担当
電話 0985-26-7133

 

 農業人材投資事業

目的

農家の子弟など、国の就業支援制度の交付対象とならない就農希望者に対する支援を、市町村と連携して充実させることにより、本県の農業への新規就農を促進する。

補助対象者

農家子弟など国の農業次世代人材投資事業の交付対象者とならない就農希望者

補助率

1/2以内かつ500千円以内

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 「地域と創る」新たな農業参入雇用創出事業

目的

市町村との連携により、農地・施設・各支援策等が一体となった参入チャレンジパッケージを構築し、企業等への誘致活動を展開するとともに、企業の農業参入を通した魅力ある雇用の場の創出を図る。

補助対象者

農業団体、民間企業等

補助対象経費

1.参入チャレンジファーム展開に要する経費
2.新規常用雇用者数に応じた補助

補助率

1/3以内、定額

問合せ先

農業担い手対策課 参入支援・人材対策担当
電話 0985-26-7124

 

 女性の活力でリードする農山漁村パワーアップ事業

目的

女性農業者の活力を、農業の発展や農山漁村の活性化に最大限に活かすため、意欲ある女性農業者の組織的な活動を支援するとともに、次世代の女性農業者リーダーの育成に向けて子育て世代や就農直後の女性など若手女性農業者の啓発と育成を図る。

補助対象者

県内各女性農業者団体、宮崎県農山漁村女性会議

補助対象経費

女性農業者の社会参画に関する研修会等に要する経費

補助率

定額

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 経営体育成支援事業

目的

地域農業の担い手となる意欲ある経営体や集落営農組織等の多様な経営体が、経営規模の拡大や農産物の加工・流通・販売等の経営の多角化等に取り組む際に必要となる農業用機械等の導入について支援を行う。

補助対象者

適切な人・農地プランに位置付けられた中心経営体等

補助対象経費

1.農業用機械等を導入する際の融資残に対する補助
2.条件不利地域における共同利用機械等の補助

補助率

1. 3/10以内(メニュー毎に上限あり)
2. 1/2以内(4,000万円上限)

問合せ先

農業担い手対策課 参入支援・人材対策担当
電話 0985-26-7124

 

 みやざきの農を支える担い手確保・育成体制整備事業

目的

担い手の減少が一層加速化する中、地域自らが担い手を確保・育成する体制を構築するため、関係機関による地域農業の将来像を明確にした次世代の担い手を確保・育成する取組を促進する。

補助対象者

県農業再生協議会、県農業振興公社、県農業会議

補助対象経費

1.新規就農者の参入や産地・集落の核となる青年農業者の育成に要する経費

2.担い手からの高度な相談に対し、課題解決のための専門家派遣に要する経費

3.法人化や集落営農の組織化に向けた支援に要する経費

補助率

定額

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当、参入支援・人材対策担当
電話 0985-26-7124

 

 農業承継推進強化事業

目的

離農希望者等のハウス・畜舎等の農業用施設やこれまでに培われてきた経験・技術等の承継を促進し、新規就農者の経営初期の負担軽減を図ることにより、農業経営の円滑なスタートを支援する。

補助対象者

県農業振興公社、市町村、市町村公社、JA、農業者が組織する団体

補助対象経費

新規就農者が承継した農業用施設・果樹園等の補改修費に対する補助

補助率

1/3以内

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 就農マッチング促進事業

目的

雇用就農を希望するUIJターン者等を派遣方式の就農研修「お試し就農により農業法人等とマッチングし、雇用就農者の確保、定着率の向上を図る。

補助対象者

農業者(委託する人材派遣会社経由)

補助率

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 きらり輝く農業人材確保支援事業 >>詳細ページ

目的

高齢化や人口減少を背景に他産業との人材確保競争が激化する中、地域における新たな手法による人材確保の取組や人材がより定着しやすい環境の整備等を支援する。

補助対象者

農業関係機関が組織する協議会、営農集団・農業法人等

補助対象経費

1.農福連携やWワーク促進、産地間・産業間連携など地域における新たな手法による 人材確保対策に要する経費

2.人材が就労・定着しやすい環境モデル(簡易トイレ・シャワー等の導入、休憩所、 宿泊施設等の改修)の設置に要する経費

3.農業現場における適正な労務管理の促進に要する経費

補助率

定額、1/3以内、1/2以内

問合せ先

農業担い手対策課 参入支援・人材対策担当
電話 0985-26-7124

 

 需要に応える宮崎米生産体制整備事業

目的

本県ならではの米需要に対応した新品種や、温暖な気象条件を活かした新たな作型、先端技術を活用した高精度・超省力化技術の導入を図り、次世代まで持続可能な水田営農体系の構築を図る。

補助対象者

1.県産米改良協会 2.JA,生産集団等

補助対象経費

1.先端技術を活用した栽培技術の実証

2.水田集落単位での担い手の規模拡大に伴う高効率機械の導入支援

補助率

1.定額 2.1/3以内

問合せ先

農産園芸課 水田農業担当
電話 0985-26-7136

 

耕種版インテグレーション加速化事業

目的

担い手の減少や高齢化等が進行する露地野菜産地において、産地の作業体制を分析し、生産性向上に係る資機材の導入を支援するとともに、優良な取組の他産地・他品目への展開を通じて、耕種版インテグレーションの取組を加速化する。

補助対象者

集落営農法人、農事組合法人、農地所有適格法人、JA、農業団体、実需者等

補助対象経費

耕種版インテグレーションにおける収穫作業の受託等の効率化や作付拡大に必要な 生産体制の効率化に向けた資機材の導入

補助率

1/3以内

問合せ先

農産園芸課 露地園芸担当
電話 0985-26-7137

 

 かんしょ・さといも病害対策強化事業

目的

サツマイモ基腐病やサトイモ疫病の対策を強化することで産地の維持を図る。

補助対象者

営農集団、農地所有適格法人、農業団体等

補助対象経費

1.初動対応強化による拡大防止対策に係る経費(かんしょ)

2.防疫体制強化による未然防止対策に係る経費(かんしょ)

3.疫病対策、生産安定技術を導入した実証ほ設置に係る経費(さといも)

補助率

1.1/3以内 2.1/2以内 3.1/2以内

問合せ先

農産園芸課 畑作農業担当   
電話 0985-26-7137

 

 伸ばせ「みやざきの花」産地拡大支援事業

目的

主力品目の省力化による大規模化の促進や、振興・新規品目の新規就農者や新規栽培者の育成・確保を推進することにより、花きの生産拡大を図る。

補助対象者

営農集団、農業協同組合、宮崎県花き生産者連合会、JA花き協議会等

補助対象経費

1.大規模化に向けた省力技術の実証や、新規就農及び栽培者の育成確保のためのトレ ーニング活動等に要する経費

2.省力機械等の導入や、品質向上設備等に必要な経費

補助率

1.1/2以内、1/3以内 2.1/3以内

問合せ先

農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7137

 

 魅力ある「みやざきの花」流通・販売力向上事業

目的

花き品目における輸送環境の変化や消費ニーズに対応するため、ポストハーベスト対策や、低コスト・効率的な輸送体制の構築により、花き生産者の経営安定、所得向上を図る。

補助対象者

営農集団、農業団体等

補助対象経費

物流変化に対応できる新たな流通対策に要する経費

補助率

1/2以内、1/3以内 

問合せ先

農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7137

 

 次世代果樹ブランド産地育成支援事業

目的

新たな果樹ブランド品目を産地化するため、ライチの産地育成に取り組むとともに、みかんと栽培時期の異なる有望なかんきつ品目(香酸系、高糖系果実等)の導入による新たな果樹複合経営の推進を図る。

補助対象者

農業協同組合、果樹振興協議会、営農集団等

補助対象経費

1.ライチの安定生産技術の確立及び出荷体制の整備に向けた取組経費
2.かんきつ園地の植栽状況等を見える化したマップ作成や有望かんきつ品目の産地化に必要な資材等の導入及び販路拡大への取組経費

補助率

1.1/3以内 2.定額、1/2以内、1/3以内

問合せ先

農産園芸課 露地園芸担当

電話 0985-26-7137

 

 ブランド果樹産地リノベーション推進事業

目的

本県果樹の主力であるブランド3品目(マンゴー、きんかん、日向夏)において、収量・品質の向上を推進するとともに、経営改善対策を行うことにより、産地をリノベーションし、果樹産地の維持・発展を図る。

補助対象者

営農集団、農業団体等

補助対象経費

1.マンゴー苗木の県内一貫生産体制の整備に要する経費

2.きんかん・日向夏における温暖化対応技術や篤農家技術の波及等に要する経費

3.労力集中を回避するための省力化や収穫期を分散するための技術導入に要する経費

4.施設の長寿命・高機能化モデルの普及に要する経費

補助率

1.1/2以内、1/3以内 2.定額、1/3以内 3.1/3以内

4.定額、1/3以内

問合せ先

農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7137

 

宮崎の農業「強い産地づくり」対策事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

目的

農産物の高品質化、高付加価値化、低コスト化等の生産条件の整備を促進し、産地収益力の強化を図る。

補助対象者

市町村、農業協同組合、宮崎県経済農業協同組合連合会、農地所有適格法人、

農業者の組織する団体等

補助対象経費

産地における加工・業務用需要への対応等による販売量の拡大、高付加価値化等による販売価格の向上、生産・流通コストの低減に向けた取組に必要な産地基幹施設の整備等に要する経費

補助率

1/2以内

問合せ先

農産園芸課 畑作農業担当
電話 0985-26-7137

 

産地パワーアップ計画支援事業

目的

農業の国際競争力強化を図るため、地域における農産物の収益力向上に計画的に取り組む産地の生産コスト削減や高収益な作物・栽培体系への転換を進める取組等を支援する。

補助対象者

市町村、農業者、農業者の組織する団体、地域農業再生協議会等

補助対象経費

産地パワーアップ計画に基づく生産技術高度化施設、集出荷貯蔵施設等の整備や、リース方式による農業機械の導入、生産資材の導入等に要する経費

補助率

1/2以内

問合せ先

農産園芸課 生産振興企画、水田農業、畑作農業、施設園芸、露地園芸の各担当
電話 0985-26-7135

 

 活動火山周辺地域防災営農対策事業

目的

桜島の降灰による農作物の被害を防止・軽減するため、降灰被害防止施設・機械等の整備を支援し、農家の経営安定を図る。

補助対象者

営農集団、農業協同組合 等

補助対象経費

降灰被害防止・軽減のための施設・機械等の整備に要する経費

補助率

6/10、1/2以内

問合せ先

農業技術普及課 環境保全担当
電話 0985-26-7134

 

農業用ハウス強靱化緊急対策事業

目的

台風等による被害防止に向け、老朽化等により十分な耐候性がなく対策が必要な農業用ハウスについて、ハウスの補強や防風ネットの設置等の対策を支援する。

補助対象者

市町村、農業者、農業者の組織する団体、地域農業再生協議会等

補助対象経費

1.被害防止技術講習会等の開催に要する経費

2.既存ハウスへの被害防止対策に要する経費

補助率

1.定額、2.1/2以内

問合せ先

農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7135

 

 スマート農業による働き方改革産地実証事業

目的

ロボットやICT等の先端技術を活用した「スマート農業」について、産地と民間事業者等が共同で実施する産地実証を支援するとともに、スマート農業を牽引する人材を育成することにより、農業の就業環境の改善を図り、新規就業者等の参入・定着を促進する。

補助対象者

協議会等

補助対象経費

1.スマート農業の導入による省力化や作業効率化を通した、魅力ある農畜産物の産地づくりの取組に要する経費

2.スマート農業を牽引する人材の育成に要する経費

補助率

1.1/3以内、2.定額

問合せ先

 

耕種部門:農産園芸課 生産振興企画担当
電話 0985-26-7135

畜産部門:畜産振興課  肉用牛振興担当
電話 0985-26-7138

育成関係:農業普及技術課 普及企画担当  
電話 0985-26-0068

 

 「稼げる農」で呼び込む中山間地域移住定着促進事業                

目的

中山間地域においても収益性の高い肉用牛・養鶏・施設園芸・果樹を核として、UIJターンの若者を呼び込むため、稼げる農を実現する「受入パッケージ計画」を策定し、技術の習得から就農・定着までを一体的に支援することで、安心して移住・定住できる環境を整備する。

補助対象者

市町村、協議会、農業団体 等

補助対象経費

1.就農モデルや研修及び移住・定着に関する計画の策定に要する経費
2.実践農場研修や集合研修等の支援に要する経費
3.新規就農者が行う簡易整備や初期整備等に要する経費

補助率

1.1/2以内、2.1/3以内、定額、3.1/3以内

問合せ先

施設園芸・果樹:農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7137

肉用牛・養鶏:畜産振興課 畜産新生企画担当
電話 0985-26-7140

 

農地集約化促進基盤整備事業

目的

農地の畦畔除去等の簡易な整備や基盤整備における地域の話し合い活動等の支援を行うことにより、営農の効率化等を通じて農地の集約化やフル活用の促進を図る。

補助対象者

「人・農地プラン」に位置づけられた(位置づけが確実に見込まれる)地域の中心となる経営体のうち、一定基準を満たすもの

補助対象経費

標準施工費用の1/2

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

 

 畜産競争力強化整備事業

目的

畜産クラスター計画に位置付けられた地域の中心的な経営体(新規参入者を含む)が行う畜舎等の施設整備や家畜導入を支援することにより、生産性の向上や担い手の育成を促進し、地域の畜産の収益性向上と生産基盤の強化を図る。

補助対象者

各地域畜産クラスター協議会
(クラスター計画に位置付けられた地域の中心的な経営体)

補助対象経費

1.肉用牛、酪農、養豚、養鶏に係る畜舎等飼養管理施設の新設・改修

2.肉用牛、酪農、養豚に係る家畜導入に要する経費

補助率

1.1/2以内、2.定額

問合せ先

畜産振興課 畜産新生企画担当
電話 0985-26-7140

 

 みやざきの畜産生産性向上対策事業

目的

高度な技術と指導力を有する畜産マスターを育成し、個々の農家への指導体制を強化するとともにモデル農場等の優良事例を広く地域へ普及することで、取組効果を県全体に波及させ、畜産経営体の収益性向上を図る。

補助対象者

畜産業を営む者、農業法人、農事組合法人、農業協同組合等、

(公社)宮崎県畜産協会、宮崎県農業共済組合連合会

補助対象経費

1.畜産マスターの育成事業

2.生産性向上実践事業

3.生産性向上普及・促進事業

補助率

1.定額、2.1/3以内、3.定額

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

 

 肉用牛振興施設整備事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

目的

肉用牛生産の安定を目的に、肉用牛繁殖経営から肥育経営に至る地域内一貫生産体制の確立に必要な共同利用家畜管理施設・機械の整備を進め、肉用牛経営の安定と肉用牛生産の振興を図る。

補助対象者

市町村、農業協同組合、肉用牛集団等

補助対象経費

肉用牛飼育施設、飼料庫等

補助率

1/2以内

問合せ先

畜産振興課 肉用牛振興担当
電話 0985-26-7138

 

 “和牛の産地みやざき”繁殖基盤強化対策事業

目的

増頭意欲のある小規模農家等の規模拡大支援を行うことにより、肉用牛生産基盤強化を図る。

補助対象者

市町村、農業協同組合等

補助対象経費

増頭意欲のある小規模農家等の規模拡大支援

補助率

1/3以内

問合せ先

畜産振興課 肉用牛振興担当
電話 0985-26-7138

 

 肉用牛経営安定対策補完事業(農畜産業振興機構事業)

目的

地域における肉用牛繁殖基盤を強化するため、新規参入者や既存の中核的担い手等に対する牛舎整備や繁殖雌牛導入の支援、また、高齢化等に対処する肉用牛ヘルパー組織への支援など、肉用牛の経営安定対策を補完する取組を支援し、肉用牛生産の振興を図る。

補助対象者

農業協同組合、肉用牛集団等

補助対象経費

牛舎整備、繁殖雌牛導入、肉用牛ヘルパー支援等

補助率

1/2以内、定額

問合せ先

畜産振興課 肉用牛振興担当
電話 0985-26-7138

 

 養豚振興施設整備事業(強い農業・担い手づくり総合支援交付金)

目的

養豚経営の安定化を目的に、経営内又は地域内一貫生産体制の確立に必要な共同利用家畜管理施設・機械の整備を進め、養豚の生産振興を図る。

補助対象者

市町村、農業協同組合、養豚集団等

補助対象経費

豚飼育施設、家畜排せつ物処理施設等

補助率

1/2以内

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

 養鶏振興施設整備事業(強い農業づくり交付金)

目的

養鶏産業の安定化を目的に、衛生レベルや能力の高度化に必要な食鳥及び鶏卵処理施設・機械の整備を進め、養鶏の生産振興を図る。

補助対象者

市町村、農業協同組合等

補助対象経費

食鳥処理施設、GPセンター等

補助率

1/2以内

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

 ブロイラー生産環境向上対策事業

目的

野生動物を介した危機事象発生防止に取り組むとともに、飼養衛生環境の悪化に起因した死亡鶏の防止に対応するための鶏舎の改善や機器導入への支援を行い、飼養環境を向上させることで、鳥インフルエンザの発生防止や生産性向上を実現し、県内のブロイラー産業の振興を図る。

補助対象者

県養鶏協会(養鶏生産集団)

補助対象経費

鶏舎改善及び設備・機器の導入

補助率

1/3以内

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

 次代につなぐ宮崎型酪農強化支援事業

目的

(一社)宮崎県酪農公社を柱とした本県酪農の生産体系強化のため、乳用育成牛預託を推進するとともに、高い牛群検定加入率等の本県の強みを生かした生産基盤強化・生産性向上を図る。

補助対象者

宮崎県経済農業協同組合連合会、市町村、宮崎県牛乳普及協会

補助対象経費

1.乳用後継牛預託推進、2.酪農支援組織活用推進、3.県産牛乳消費拡大支援

補助率

1.定額、2.1/3以内、3.1/3以内

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

 畜産・酪農収益力強化整備等特別対策事業(機械導入事業)

目的

畜産経営の生産性や飼料自給率の向上、飼料生産受託組織等の経営高度化等のために必要な機械装置のリース方式等による導入を支援する。

補助対象者

畜産業を営む者、農業法人、農事組合法人、農業協同組合等

補助対象経費

飼料生産・調製機械装置、堆肥調製・散布機械装置、エコフィード給餌装置等

補助率

1/2以内を助成

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

 

 次世代の畜産を守る家畜防疫対策事業(農場防疫充実事業)

目的

家畜防疫の強化対策として、農場における防疫資材等の導入支援により農場防疫レベルの高位平準化に取り組む。

補助対象者

市町村自衛防疫推進協議会等

補助対象経費

防鳥ネット、動力噴霧機、死体保管庫、家畜集合施設における車両消毒装置等の防疫に資する機材等の導入

補助率

1/2以内

問合せ先

家畜防疫対策課 防疫企画担当
電話 0985-26-7139

 

 全国のモデルとなる家畜防疫対策事業(みやざき型防疫対策強化事業)

目的

空港や港湾、ホテル、旅館、ゴルフ場等における水際防疫体制の整備や、市町村自衛防疫推進協議会が取り組む地域単位での防疫活動の推進を図る。

補助対象者

市町村自衛防疫推進協議会、水際防疫団体

補助対象経費

公共施設等における靴底消毒、農場巡回消毒、防疫研修会、防疫演習、農場への防疫啓発、自主消毒ポイントの設置に係る経費

補助率

1/2以内

問合せ先

家畜防疫対策課 防疫企画担当
電話 0985-26-7139

 

 畜産GAP拡大推進加速化事業

目的

畜産の競争力強化を図る観点から、畜産GAP認証取得等の取組を支援する。

補助対象者

生産者等

補助対象経費

生産者等が認証等の取得に要する経費

補助率

定額

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

>目次のページへ

 

(2)融資

■資金使途一覧
  a b c d e f g h i j k l m


買うとき                      
借りるとき                
改良・造成するとき                


機具

買うとき                
借りるとき                
農舎・畜舎・ハウスを整備するとき                
家畜を購入・育成するとき            
果樹・花等を植栽・育成するとき              
新規に就農するとき
(研修・就農準備・施設整備)
                       
新たな農業分野に
チャレンジするとき
                       
負債を整理し経営を再建するとき                
災害や経済変動等の影響があったとき                
農業に関する研修を受けるとき                    
運転資金が必要なとき              
農村環境を整備するとき
(加工流通施設・生活環境施設等)
                       
農業経営を法人化するとき                    

a:農業近代化資金
b:農業改良資金
c:農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)
d:経営体育成強化資金
e:農業経営負担軽減支援資金
f:農林漁業セーフティーネット資金
g:災害資金 経済変動・伝染病等対策資金
h:肥育素牛価格変動対策資金
i:家畜疾病経営維持資金
j:畜産特別資金(大家畜・養豚特別支援資金)
k:畜産経営体質強化支援資金
l:農業経営改善推進資金(スーパーS資金)
m:青年等就農資金

* 対象となる用途については、資金ごとに一定の条件があります。

>>貸付利子(実質金利)一覧へ

 

 農業近代化資金 >>詳細ページへ

概要

農業機械や家畜の購入、施設の建設などさまざまな設備投資資金として、また規模拡大等に伴う長期運転資金として低利で融資する資金

金利

令和3年4月1日現在 0.3%(一定の事業を対象として、当初5年間無利子(無利子とするための全体利子補給率は2%を上限)となる県の特例措置あり。)

貸付限度額

農業者:1,800万円 法人等:2億円 農業協同組合等:15億円

償還(据置)期間

15年(7年)以内 ※資金使途により違いあり

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

 農業改良資金 >>詳細ページへ(外部リンク)

概要

六次産業化・地産地消法認定者等が、農畜産物の加工を開始したり、新たな作物の栽培に取り組む場合など、チャレンジ性の高い取組を支援するための無利子資金。貸付主体は日本政策金融公庫。

金利

無利子

貸付限度額

個人:5,000万円 法人・団体:1.5億円

償還(据置)期間

12年(3年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店   
電話 0985-29-6811

 

 農業経営基盤強化資金(スーパーL資金)>>詳細ページへ(外部リンク)

概要

認定農業者のための資金で、農地取得や家畜の購入、設備投資、また長期運転資金として活用できる資金

金利

令和3年4月1日現在 0.16~0.30%(人・農地プランに中心経営体として位置づけられている場合、当初5年間実質無利子となる国の特例措置あり。)

貸付限度額

個人:3億円(特認6億円) 法人:10億円(特認20億円)

償還(据置)期間

25年(10年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店    
電話 0985-29-6811

 

 経営体育成強化資金 >>詳細ページへ(外部リンク)

概要

農業経営の改善を図るための農地取得や設備投資のほか、負債整理のための資金も借り入れできる資金。貸付主体は日本政策金融公庫。

金利

令和3年4月1日現在 0.3%

貸付限度額

農業者:1.5億円 法人:5億円

償還(据置)期間

25年(3年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店  
電話 0985-29-6811

 

農業経営負担軽減支援資金(負債整理資金)>>詳細ページへ

概要

営農負債(貸付金利が5%以下の農業制度資金は除く)の償還に支障をきたしている農業者が、長期低利資金に借り換えして負担を軽減し、経営の再建を図るための資金

金利

令和3年4月1日現在 0.3%

貸付限度額

営農負債の残高

償還(据置)期間

一般:10年(3年)以内 特認:15年(3年)以内

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

農林漁業セーフティネット資金

概要

災害や法令の処分等、自らの責めに帰さない事由により社会的・経済的損失を受けた農林漁業者の経営の維持安定を図るための資金。貸付主体は日本政策金融公庫。

金利

令和3年4月1日現在 0.16~0.19%

貸付限度額

一般:600万円 特認:年間経営費等の12分の6

償還(据置)期間

10年(3年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店   
電話 0985-29-6811

 

 災害資金 >>詳細ページへ

概要

西臼杵支庁長又は農林振興局長又は農政水産部長が指定した災害により、一定規模以上の被害を受けた農業者の経営の再建を図るための資金

金利

資金の発動毎に、その都度定める。

貸付限度額

300万円

償還(据置)期間

7年(3年)

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

 経済変動・伝染病等対策資金 >>詳細ページへ

概要

農政水産部長が指定した経済変動等の事象の影響により営農経費が増加し、又は農業収入が減少し、農業経営の維持安定に支障をきたしている農業者及び農政水産部長が指定した伝染病等に対するまん延防止措置等の行政処分等により農業経営の維持安定に支障をきたしている農業者の経営の維持安定を図るための資金

金利

資金の発動毎に、その都度定める。

貸付限度額

300万円

償還(据置)期間

7年(3年)

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

 肥育素牛価格変動対策資金

概要

肥育素牛価格の変動により資金需要が増加した農業者に対し、肥育素牛の購入に係る資金調達の負担を軽減し経営の安定化を図るための資金

金利

令和3年4月1日現在  0.3%

貸付限度額

5,000万円

償還(据置)期間

3年(2年)以内

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

 家畜疾病経営維持資金

概要

家畜伝染病の発生に伴い、経済的影響を受けた農家の経営継続、再開、維持を図るために必要な営農経費等に対する資金

金利

無利子

貸付限度額

経営再開資金 個人2,000万円、法人8,000万円
経営継続資金・経営維持資金 (1頭当たり、100羽当たり)

乳用牛13万円、肥育用牛13万円、繁殖用雌牛65千円、肥育豚13千円、家きん52千円、繁殖用めん羊・山羊13千円

償還(据置)期間

7年(3年)以内

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

 

 畜産特別資金(大家畜・養豚特別支援資金)

概要

畜産農家の既往営農負債を長期低利資金に借換して負担を軽減し、経営の再建を図るための資金

金利

令和3年2月19日現在 0.3%(貸付時で固定)

貸付限度額

大家畜又は養豚経営に必要な借入金の約定償還額のうち償還困難な額(経営継承を行う際、上記の対応のみでは、経営改善が困難な場合、条件によっては残高一括借換も可能)

償還(据置)期間

大家畜 一般:15年(3年)以内 特認:25年(5年)以内
養 豚 一般: 7年(3年)以内 特認:15年(5年)以内

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

 

 畜産経営体質強化支援資金

概要

意欲ある畜産農家の営農負債を長期低利資金に一括借換して償還負担の軽減を図り新たな経営展開を支援するための資金

金利

令和3年2月19日現在 0.35%(貸付時で固定)
(貸付当初5年間は無利子、その後は貸付時で固定)

貸付限度額

大家畜又は養豚に必要な借入金のうち負債整理資金を除いた額(一括借換)

償還(据置)期間

大家畜 25年(5年)以内
養 豚 15年(5年)以内

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当
電話 0985-26-7138

 

 農業経営改善促進資金(スーパーS資金) >>詳細ページへ

概要

認定農業者が経営改善を図るための低利の短期運転資金

金利

令和3年4月1日現在 1.5%

貸付限度額

個人: 500万円(畜産経営等2,000万円)

法人:2,000万円(畜産経営等8,000万円)

償還(据置)期間

1年以内

問合せ先

農業普及技術課 農業金融担当
電話 0985-26-7131

 

 青年等就農資金 >>詳細ページへ(外部リンク)

概要

青年等就農計画の認定を受けた者を対象に、農業経営を開始する際の機械や施設の導入に必要な資金等を無利子で融資する資金

金利

無利子

貸付限度額

3,700万円(特認1億円)

償還(据置)期間

17年(5年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店
電話 0985-29-6811

 

 中山間地域活性化資金 >>詳細ページへ(外部リンク)

概要

中山間地域の農林畜産物の加工の増進及び流通の合理化、生活環境の整備を行い、中山間地域の活性化を図るための資金。貸付主体は日本政策金融公庫。

金利

令和3年4月1日現在 0.21%~0.35%(貸付額2.7億円までの場合)

貸付限度額

融資対象事業費の80%

償還(据置)期間

15年(3年)以内 生産環境施設整備資金:25年(8年)以内

問合せ先

日本政策金融公庫宮崎支店       
電話 0985-29-6811


>目次のページへ

 

(3)研修

 みやざき6次産業化チャレンジ塾

研修対象者

6次産業化や農商工連携等を目指す農林漁業者

研修内容

6次産業化に取り組んでいる経験に応じて、必要な知識や技術を学ぶコース別講座

基礎コース、応用コース (予定)

問合せ先

農業連携推進課 6次産業化推進担当 電話 0985-26-7847
宮崎県農業振興公社 新農業支援課 電話 0985-51-2011

 

 みやざき食の安全・食育連携強化推進事業(みやざき「食」の信頼確保事業)

研修対象者

食品表示を行う食品関連事業者

研修内容

食品表示法に基づく表示方法の習得

問合せ先

農業流通ブランド課 食の安全推進担当
電話 0985-26-7132

 

産地・人づくり強化事業(産地の核となる農業経営者育成事業)

研修対象者

研修受講を希望する農業者等

研修内容

農業者の経営発展段階に応じた体系的な研修

問合せ先

農業普及技術課  普及企画担当 電話 0985-26-0068

 

 みやざき農業実践塾(農業総合研修センター・農業科学公園管理運営委託)

研修対象者

就農希望者

研修内容

・基礎体験コース インターネット等を活用した通信研修及び農業体験学習

・経営実践コース 農業大学校内専用施設等での実践的な知識・栽培技術の研修

(6か月又は1年)

問合せ先

県立農業大学校 農業総合研修センター 電話 0983-23-7447
農業担い手対策課 担い手確保担当 電話 0985-26-7124

 

 農業人材育成総合拠点強化事業農業大学校を核とした次世代農業リーダー育成強化事業

研修対象者

経営改革に意欲のある若手農業者等

研修内容

1.みやざき次世代農業リーダー養成塾

・経営者に必要な資質修得のための研修

2.農業機械リーダー養成研修

・農作業安全の啓発、先進農業機械の適正利用のための研修

問合せ先

農業普及技術課 環境保全担当 電話 0985-26-0068
農業担い手対策課 担い手確保担当 電話 0985-26-7124

 

女性の活力でリードする農山漁村パワーアップ事業

研修対象者

女性農業者

研修内容

農業経営への参画に必要な知識や技術の習得に関する学習等

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当 電話 0985-26-7124

 

 みやざき畜産生産性向上対策事業

研修対象者

1.畜産関係指導員、2.和牛繁殖農家

研修内容

1.畜産技術・経営指導人材の育成研修
2.農業者に向けた飼養管理に係る基礎研修

問合せ先

畜産振興課 畜産経営支援担当 電話 0985-26-7138

>目次のページへ

 

(4)相談・指導

 6次産業化・農商工連携等に関する相談・情報提供

内容

1.みやざき6次産業化サポートセンター(県農業振興公社)における電話相談対応

2.各農業改良普及センターにおける地域相談会の開催(毎月水曜日、要予約)

問合せ先

 

 

農業連携推進課 6次産業化推進担当
電話 0985-26-7847

宮崎県農業振興公社 新農業支援課
電話 0985-51-2011

中部農業改良普及センター
電話 0985-30-6121

南那珂農業改良普及センター
電話 0987-21-9550

北諸県農業改良普及センター
電話 0986-38-1554

西諸県農業改良普及センター
電話 0984-23-5105

児湯農業改良普及センター 
電話 0983-43-2311

東臼杵南部農業改良普及センター
電話 0982-68-3100

東臼杵北部農業改良普及センター
電話 0982-32-3216

西臼杵農業改良普及センター   
電話 0982-72-2158

 

 食品表示(品質事項)に関する相談・指導

内容

食品表示(品質事項)に関する相談・指導

問合せ先

農業流通ブランド課 食の安全推進担当
電話 0985-26-7132

中部農林振興局地域農政企画課
電話 0985-26-7279

南那珂農林振興局農政水産企画課
電話 0987-23-4312

北諸県農林振興局地域農政企画課
電話 0986-23-4507

西諸県農林振興局地域農政企画課
電話 0984-23-3165

児湯農林振興局地域農政企画課
電話 0983-22-1364

東臼杵農林振興局農政水産企画課
電話 0982-32-6135

西臼杵支庁農政水産課  
電話 0982-72-2108

 

 農産物輸出に関する相談・情報提供

内容

農産物の輸出に関する相談、情報提供

問合せ先

農業連携推進課 輸出・流通担当
(みやざき「食と農」海外輸出促進協議会)
電話 0985-26-7847

 

 環境保全型農業(エコファーマー、有機農業等)に関する相談・指導

内容

エコファーマーや有機農業等の環境保全型農業の実践や認定制度に関する相談・指導

問合せ先

農業普及技術課 環境保全担当
電話 0985-26-7126

中部農業改良普及センター
電話 0985-30-6121

南那珂農業改良普及センター
電話 0987-21-9550

北諸県農業改良普及センター
電話 0986-38-1554

西諸県農業改良普及センター
電話 0984-23-5105

児湯農業改良普及センター 
電話 0983-43-2311

東臼杵南部農業改良普及センター
電話 0982-68-3100

東臼杵北部農業改良普及センター
電話 0982-32-3216

西臼杵農業改良普及センター   
電話 0982-72-2158

 

 就農・就業に関する相談・情報提供

内容

1.就農に関する相談、情報提供(技術、経営、研修、資金、施設・機械、農地等)
2.就業に関する相談、情報提供(農業法人等)

問合せ先

農業担い手対策課
担い手確保担当、参入支援・人材対策担当
電話 0985-26-7124

宮崎県農業振興公社 担い手支援課            
電話 0985-51-2631

宮崎県農業会議            
電話 0985-73-9211

宮崎県農業法人経営者協会
電話 0985-73-9211

 

 農業の技術・経営情報に関する相談・指導

内容

1.技術力向上に関する相談・指導
2.新技術・品目導入に関する相談・指導
3.経営能力向上・経営改善に関する相談・指導

問合せ先

 

 

 

 

 

 

 

農業普及技術課 普及企画担当
電話 0985-26-0068

中部農業改良普及センター
電話 0985-30-6121

南那珂農業改良普及センター
電話 0987-21-9550

北諸県農業改良普及センター
電話 0986-38-1554

西諸県農業改良普及センター
電話 0984-23-5105

児湯農業改良普及センター 
電話 0983-43-2311

東臼杵南部農業改良普及センター
電話 0982-68-3100

東臼杵北部農業改良普及センター
電話 0982-32-3216

西臼杵農業改良普及センター   
電話 0982-72-2158

 

 農業法人設立等に関する相談・情報提供

内容

1.農業法人設立に向けた相談対応・個別指導
2.集落営農に関する個別指導
3.法人設立後のフォローアップ、法人間連携活動の促進

問合せ先

農業担い手対策課 参入支援・人材対策担当        
電話 0985-26-7124

中部農業改良普及センター
電話 0985-30-6121

南那珂農業改良普及センター         
電話 0987-21-9550

北諸県農業改良普及センター         
電話 0986-38-1554

西諸県農業改良普及センター         
電話 0984-23-5105

児湯農業改良普及センター          
電話 0983-43-2311

東臼杵南部農業改良普及センター         
電話 0982-68-3100

東臼杵北部農業改良普及センター          
電話 0982-32-3216

西臼杵農業改良普及センター            
電話 0982-72-2158

宮崎県農業会議
電話 0985-73-9211

宮崎県農業法人経営者協会
電話 0985-73-9211

 

 他産業からの農業参入に関する相談・情報提供

内容

1.農業参入に関する相談
2.地域農業者等とのマッチングや参入後のフォローアップ

問合せ先

農業担い手対策課 参入支援・人材対策担当     
電話 0985-26-7124

宮崎県農業会議
電話 0985-73-9211

宮崎県農業法人経営者協会
電話 0985-73-9211

 

 畑地かんがいを活用した営農に関する相談・情報提供(畑かんフィールドで拡がる!畑作産地育成事業)

内容

1.畑地かんがいの利用方法や効果に関する相談・情報提供
2.畑地かんがい施設の整備に関する相談・情報提供

問い合わせ先

農村計画課 畑かん営農推進室
電話 0985-26-7129

中部農林振興局 農業経営課
電話 0985-30-6121

北諸県農林振興局 農業経営課
電話 0986-38-1554

西諸県農林振興局 農業経営課
電話 0984-23-5105

児湯農林振興局 農業経営課
電話 0983-43-2311

 

 飼養衛生管理基準に関する相談・情報提供

内容

1.飼養衛生管理基準の遵守に関する相談・指導
2.農場消毒・踏み込み消毒槽など消毒方法の相談・指導

問合せ先

宮崎家畜保健衛生所
電話 0985-73-1377

日南駐在           
電話 0987-64-2212

都城家畜保健衛生所
電話 0986-62-5151

小林駐在           
電話 0984-22-7011

延岡家畜保健衛生所
電話 0982-32-4308

高千穂駐在         
電話 0982-72-2511

畜産振興課
電話 0985-26-7138

家畜防疫対策課    
電話 0985-26-7139

>目次のページへ

 

(5)価格安定対策

 青果物価格安定対策事業

対象

1.指定野菜価格安定対策事業
・指定産地内で生産出荷される指定野菜(きゅうり、ピーマン、トマト等)

2.契約野菜安定供給事業
・食品加工メーカー等との契約取引を対象(指定野菜及び特定野菜)

3.特定野菜等供給産地育成価格差補給事業
・特定産地内で生産出荷される特定野菜(かんしょ、にら等)
・特定産地内で生産出荷される指定野菜(きゅうり、ピーマン、ねぎ等)

4.みやざき特産野菜価格安定対策事業
・県が振興する野菜で国の制度の要件を満たさない産地・品目(ミニトマト、キャ ベツ等)

5.野菜産地経営安定強化支援事業
・重点推進品目(きゅうり、ピーマン等)及び戦略品目(にがうり、にら等)

内容

市場販売価格が保証基準額を下回った場合に、差額の一部を補てんする。
契約取引において減収等による市場調達等にかかる経費の一部を補てんする。

問合せ先

農産園芸課 施設園芸担当
電話 0985-26-7137

 

 肉用子牛生産者補給金制度

対象

肉用子牛(黒毛和種、褐毛和種、その他の肉専用種、乳用種、交雑種)

内容

肉用子牛の平均価格が保証基準価格を下回った場合に、差額を補てんする。

問合せ先

畜産振興課 肉用牛振興担当
電話 0985-26-7138

 

 肉用牛肥育経営安定交付金制度(牛マルキン)

対象

肥育牛 (肉専用種、交雑種、乳用種)

内容

肥育牛1頭当たりの粗収益が生産費を下回った場合に、差額の9割を補てんする。

問合せ先

畜産振興課 肉用牛振興担当 電話 0985-26-7138

 

 肉豚経営安定交付金制度(豚マルキン)

対象

肉豚

内容

肉豚1頭当たりの粗収益が生産費を下回った場合に、差額の9割を補てんする。

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

 鶏卵生産者経営安定対策

対象

鶏卵

内容

全国の鶏卵価格が補てん基準価格を下回った場合に、差額の一部を補てんする。

問合せ先

畜産振興課 酪農・中小家畜振興担当
電話 0985-26-7141

 

>目次のページへ

 

(6)制度等

 農業共済制度

目的

農業保険法に基づき、災害や不慮の事故によって受けた損失を補てんすることにより、農業経営の安定を図る。

実施主体

農業共済組合

内容

農家が災害や不慮の事故にあったときに、保険(共済)の仕組みによりその損失を補てんする。

1.農作物共済 水稲、麦
2.家畜共済 牛、馬、豚
3.果樹共済 うんしゅうみかん、くり、日向夏、ぶどう
4.畑作物共済 大豆、茶、スイートコーン、ばれいしょ
5.園芸施設共済 施設本体、附帯施設、農作物、撤去、復旧
6.建物共済 住宅、納屋、畜舎等
7.農機具共済 農機具
8.保管中農産物補償共済 収穫共済(1.、3.、4.)の対象となる農産物であって、建物に保管中のもの

問合せ先

農政企画課 農協農済担当
電話 0985-26-7784

 

 収入保険制度

目的

農業保険法に基づき、災害や不慮の事故及び農産物の需給の変動その他の事情によって受けた農業収入の減少に伴う農業経営への影響を緩和することにより、農業経営の安定を図る。

実施主体

全国農業共済組合連合会

内容

自然災害だけでなく、価格低下なども含めた収入減少を補てんする。

1.対象品目
ほとんどの農産物をカバー。簡易な加工品(もち、干し大根、乾しいたけ等)も対象。マルキン等が措置されている肉用牛、肉用子牛、肉豚、鶏卵は対象外。
2.対象者
青色申告を行っている農業者(個人・法人)
3.保険期間
各年の1月から1年間。法人の場合、事業年度開始月から1年間。
4.加入申込期限
保険期間の前年の11月末。法人の場合、事業年度開始月の前々月末。
5.補償の仕組み
過去5年間の収入を平均した基準収入の9割を下回った場合に、下回った額の 9割を補償(最大の補償を選択した場合)
6.掛金
掛け捨ての「保険方式」と掛け捨てにならない「積立方式」の組み合わせ。

※基準収入が1,000万円の農業者が、保険方式に加え積立方式にも加入し、最大補償を選択した場合の自己負担額は、保険料:7.8万円、積立金:22.5万円、事務費2.2万円、合計32.5万円(保険料・事務費は1/2、積立金は3/4の国庫補助適用後の残額)

問合せ先

農政企画課 農協農済担当
電話 0985-26-7784

 

 六次産業化・地産地消法に基づく総合化事業計画の認定制度(6次産業化)

目的

農林漁業者等による6次産業化等の取組を支援する。

実施主体

内容

国の六次産業化・地産地消法に基づく事業計画(総合化事業計画)の認定を受けることにより、以下の支援や特例を受けられる制度。

[認定の主なメリット]
1.補助金の活用(計画実現に必要な機械・施設の整備支援(別に申請が必要))
2.農業改良資金(無利子)の活用・融通法等の特例(償還期限・措置期間の延長等)
3.農地法の特例(農地転用手続きの簡素化)

問合せ先

農業流通ブランド課 6次産業化推進担当
電話 0985-26-7847

宮崎県農業振興公社 新農業支援課
電話 0985-51-2011

 

 認定農業者制度

目的

意欲ある農業者の取組を支援することにより、地域農業の担い手を育成する。

実施主体

県、市町村 等

内容

自らの創意工夫により経営の改善を図ろうとする意欲ある農業者が作成し、県、市町村等が認定した「農業経営改善計画」の達成に向けて、重点的に指導・支援を行う。

[認定の主なメリット]
1.農業委員会による優先的な農地利用のあっせん
2.農地の取得、農業用機械・施設の整備等に必要な長期かつ低利な資金の融通
3.税制の特例措置 4.農業者年金制度における支援

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 農業次世代人材投資事業

目的

青年の就農意欲を喚起するとともに、就農後の早期定着を図る。

実施主体

市町村、宮崎県農業振興公社

内容

1.準備型
県が認めた教育機関や研修機関等で研修を受ける場合、50歳未満で独立・自営就農、雇用就農または親元就農を目指す者に対し、研修期間中について年間最大150万円を最長2年間交付(国内研修に加え、海外での研修を希望する場合は1年間の延長が可能)

2.経営開始型
青年等就農計画の認定を受けた50歳未満の独立・自営就農者に対して、年間最大150万円を最長5年間交付

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 みやざき農水産業人材投資事業(農業人材投資事業)

目的

農家子弟等に経営開始資金を交付することにより、親元就農等を促進する。

実施主体

市町村

内容

新規就業者のうち、親元で就業するために国の農業次世代人材投資事業の交付対象とならない者に対して、最大100万円を1回限り交付

問合せ先

農業担い手対策課 担い手確保担当
電話 0985-26-7124

 

 農地売買支援事業

目的

農業経営規模の拡大、農地の集団化を図り、効率的で生産性の高い農業経営体を育成する。

実施主体

農地中間管理機構(宮崎県農業振興公社等)

内容

機構が離農又は規模縮小しようとする農業者の農地等を買入れ、農業経営の規模拡大や農地の集団化を図ろうとする認定農業者等に売り渡す。

[本事業活用の主なメリット]

1.公的機関との取引なので安心
2.登記費用等の一部経費を控除
3.契約書の作成等の事務が不要

問合せ先

農業担い手対策課 農地対策担当
電話 0985-24-1444

 

 農地中間管理機構等支援事業(機構集積協力金交付事業)

目的

担い手への農地集積・集約化を進めるため、農地中間管理機構に対してまとまった農地を貸し付けた地域や農地の出し手を支援する。

実施主体

市町村

内容

1.地域集積協力金
実質化した「人・農地プラン」の策定地域を対象とし、地域内でまとめて農地を農地中間管理機構へ貸し付け、担い手への農地集積・集約化を図る場合、一定の要件を満たせば、機構の活用率や対象地域の区分、交付対象面積等に応じて協力金を地域に交付する。

2.経営転換協力金
農業部門の縮小や農業をリタイアされる方等が、機構に農地を貸し付ける場合、一定の要件を満たせば貸し付ける農地面積に応じて1.5万円/10a(上限あり)の範囲で交付。

問合せ先

農業担い手対策課 農地対策担当
電話 0985-24-1444

 

 燃油価格高騰対策

目的

燃油価格の高騰の影響を受けにくい経営構造への転換を進めるため、省エネルギー化に取り組む産地に対し、農業者と国の拠出により、燃油価格の急上昇による経営への影響を緩和する仕組みを構築する。

実施主体

一般社団法人 日本施設園芸協会、全国茶生産団体連合会

内容

施設園芸及び茶の産地において省エネルギー推進に関する計画を策定し、当該計画で燃油使用量の15%以上の削減に取り組む産地に対し、次の支援を実施する。

施設園芸等セーフティネット構築事業農業者と国の拠出により、施設園芸及び茶加工用の燃油価格が一定基準以上に上昇した場合に補填金を交付するセーフティネットの構築を支援

問合せ先

農業普及技術課 環境保全担当
電話 0985-26-2786

 

 経営所得安定対策

目的

諸外国との生産条件格差により不利がある農産物(麦・大豆等)については引き続き生産コストと販売額との差額相当分を交付するとともに、水田活用の直接支払交付金により戦略作物の本作化を進め、食料自給率・自給力の向上に向けた水田フル活用を図る。

実施主体

内容

1.水田活用の直接支払交付金
水田で、麦、大豆、米粉用米、飼料用米等の戦略作物を生産する販売農家・集落営農に対し、主食用米並の所得を確保し得る水準の交付金(全国一律単価)を直接交付。
また、地域の実情に即して、戦略作物の生産性向上や野菜等の地域振興作物の生産による産地づくりに向けた取組に対し、二毛作や耕畜連携を含め、産地交付金を交付。

2.畑作物の直接支払交付金(ゲタ対策)
水田及び畑地で、麦、大豆、そば、なたね等の畑作物を生産する販売農家・集落営農に対して、標準的な生産費と標準的な販売価格の差額(全国一律単価)を直接交付。

3.収入減少影響緩和対策(ナラシ対策)
収入減少による農業経営の影響を緩和し、安定的な農業経営ができるよう、農業者拠出に基づくセーフティーネットとして実施。

問合せ先

農産園芸課 水田農業担当(1.~2.) 電話 0985-26-7136

農業担い手対策課 担い手確保担当(3.) 電話 0985-26-7124

 

 農業農村整備事業

目的

1.食料生産性の向上を図る 2.魅力的で住みやすい農村を作る

3.国土・農地を自然災害から守る

実施主体

国、県、市町村等

内容

1.農業生産基盤整備
用排水施設の整備、水田の整備、畑地の整備、ストックマネジメント対策

2.農村整備
農道の整備、農村の総合的整備、農村の環境整備、中山間地域の総合的整備

3.農地等保全管理
農地の防災保全、施設の維持管理

問合せ先

農村計画課 計画調整担当
電話 0985-26-7125

 

 県単独土地改良事業

目的

国庫補助の対象とならない小規模団地の農地及び農業用施設等の農業基盤を整備することにより、地域農業の振興を支援する。

実施主体

市町村、土地改良区等

内容

1.ほ場整備、2.暗渠排水、3.農道整備、4.かんがい排水、5.確定測量及び換地設計、6.調査設計指導、7.農道舗装、8.農業用用排水路等安全施設整備、9.小規模排水、10.農用地開発、11.農業用ため池緊急防災対策、12.交換分合、13.県営農業農村整備調査計画

補助率

2.5/10 ~ 5/10

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

 

 農地耕作条件改善事業

目的

畦畔除去等による区画拡大や暗渠排水、耕作放棄地解消・発生防止のための整備等について、農業者の自力施工等も活用し、安価かつ迅速に推進することを目的とする。

実施主体

県、市町村、農地中間管理機構、土地改良区等

内容

定率助成
1.農業用用排水施設、2.暗渠排水、3.土層改良(客土、除礫等)、4.区画整理、5.農作業道、6.農用地の保全、7.調査・調整(農家意向等に関する)、8.営農環境整備支援(耕作放棄地解消・発生防止、農作物被害防止施設等)

定額助成
1.田畑の区画拡大、2.暗渠排水、3.湧水処理、4.末端畑地かんがい施設、5.客土、6.除礫等、7.用排水路や農作業道の更新設備、8.高収益作物転換推進費等

補助率

定率助成
国費:一般地域5/10、中山間地域5.5/10、県費:1.4~1.5/10

定額助成
国費:10/10

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

 

 農業水路等長寿命化・防災減災事業

目的

農業水利施設の機能の安定的な発揮に必要な機動的かつ効率的な長寿命化対策及び防災減災対策を支援する。

実施主体

県、市町村、土地改良区等

内容

1.長寿命化対策:老朽化した農業水利施設等の補修・更新、水管理労力軽減や維持管理コスト低減に資する施設の整備
2.防災減災対策:自然災害により被害が発生する恐れのある施設や防災安全度の向上を図るために行う管理施設等の整備
3.ため池の保全・避難対策:緊急時の迅速な避難行動や適切な保全管理に資する対策

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

農地防災担当
電話 0985-26-7144

 

魅力あるふるさと環境づくり事業

目的

農村の生活環境の改善や保全に係る整備などを地域のニーズに即して総合的かつ機動的に行い、集落の住民が安心して暮らせる集落環境づくりを支援する。

実施主体

市町村、土地改良区等

内容

1.農村生活環境対策
ア)生活基盤の整備:営農飲雑用水、農業集落道等
イ)国土の維持・保全:コンクリート畦畔、土地改良施設整備補強、水管理システム等の技術導入支援等
ウ)地域活動の支援:地域提案メニュー

2.農村地域防災対策
ア)農村地域降灰除去対策
イ)農業用水緊急渇水対策    

補助率

1.一般地域4/10、中山間地域5/10(但し、財政力指数が0.5以上の市町村は4/10)
2.5/10

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

 

 小水力発電等農村地域導入支援事業

目的

農業用水等を利用した小水力発電等は、有効な自然エネルギーとして利活用への期待が高まっており、民間企業、大学、企業局等のノウハウの導入や連携を図りつつ、農村地域の再生可能エネルギー利用促進に向けた支援を行う。

実施主体

市町村、土地改良区等

補助対象経費

街灯や鳥獣害防止の電気柵等への利用など地域活性化を図るため、調査費及び施設整備費を補助

補助率

一般地域 5/10、中山間地域 5.5/10

問合せ先

農村整備課 農村整備担当
電話 0985-26-7143

 

 中山間地域等直接支払交付金

目的

耕作放棄地の増加等により多面的機能の低下が懸念されている中山間地域等において、農業生産の維持を図りつつ、耕作放棄を防止し、多面的機能を確保する。

実施主体

農業者による集落協定等

内容

傾斜等一定の条件を満たす農業生産条件の不利な農用地を対象に、集落協定等に基づき5年以上継続される農業生産活動等を行う農業者等に対して、交付金を支払う。

問合せ先

農村整備課 農村地域保全担当 電話 0985-26-7143

 

 環境保全型農業直接支払交付金

目的

農業生産全体の在り方を環境保全を重視したものに積極的に転換していくとともに、農業分野においても地球温暖化防止や生物多様性保全に積極的に貢献していくため、より環境保全に効果の高い環境保全型農業に取り組む農業者団体等に対する支援を行う。

実施主体

農業者団体等

内容

化学肥料と化学合成農薬の5割以上低減の取組とセットで行われる地球温暖化防止や生物多様性保全に効果の高い営農活動の取り組みに対する支援

問合せ先

農村整備課 農村地域保全担当
電話 0985-26-7143

 

 多面的機能支払交付金

目的

地域共同で行う、多面的機能を支える活動や、地域資源(農地、水路、農道等)の質的向上を図る活動を支援する。

実施主体

地域の活動組織等

内容

1.農地維持支払
多面的機能を支える共同活動(農地法面の草刈、水路の泥上げ、農道の砂利補充 等の地域資源の基礎的保全活動)を支援

2.資源向上支払(共同活動)
地域資源の質的向上を図る共同活動(水路、農道、ため池の軽微な補修、農村環 境保全活動の幅広い展開等)を支援

3.資源向上支払(長寿命化)
施設(水路や農道等)の長寿命化のための活動を支援

問合せ先

農村整備課 農村地域保全担当
電話 0985-26-7143

>目次のページへ

3 試験研究について

(1)総合農業試験場

1)試験研究に関するお問い合わせ先

主 な 内 容

担当部

お問合せ先

総合農業試験場の概要

企画情報室

0985-73-7063

農水産業の温暖化対策研究

研究成果の普及・広報、共同研究

視察・研修の相談窓口

農業施設(ハウス等)及び機械の改良

生産流通部

0985-73-2123

農産物の貯蔵・輸送・品質評価

農作物の残留農薬及び機能性成分分析技術の開発

土壌改良、土壌調査

土壌環境部

0985-73-2124

施肥及び土壌管理

土壌・肥料の分析鑑定

農作物に発生する病害の生態及び防除

生物環境部

0985-73-6448

農作物に発生する虫害の生態及び防除

農作物病害虫の発生予察の調査・研究

バイオテクノロジーの活用

生物工学部

 

0985-73-2125

 

ウイルスフリー化及び優良種苗の大量増殖

普通作物(水稲、大豆等)の栽培

作物部

0985-73-2126

水稲の新品種育成及び水稲・大豆等の品種選定

水稲・大豆・そばの原々種採種

施設野菜の栽培

野菜部

0985-73-2332

施設野菜の品種選定及び新品種育成

花きの栽培

花き部

0985-73-7094

花きの品種選定及び新品種育成

果樹の栽培

果樹部

0985-73-7099

果樹の品種選定及び新品種育成

畑作物・園芸作物の栽培

畑作園芸支場

0986-22-1743

畑作物・園芸作物の品種選定

畑作物・露地野菜の省力機械化

茶樹の栽培

茶業支場

0983-27-0355

茶の加工製造

茶の新品種の育成

亜熱帯性果樹・中晩生カンキツの栽培

亜熱帯作物支場

0987-64-0012

亜熱帯性花き・花木街路樹等の栽培

薬草、地域作物、ハーブの栽培と加工技術の開発

薬草・地域作物センター

0984-21-6061

薬草やハーブ等の利用方法の紹介

2)所在地

 ●本場
〒880-0212
宮崎市佐土原町下那珂5805
電話 0985-73-2121
●畑作園芸支場
〒885-0091
都城市横市町10683
電話 0986-22-1743
●茶業支
〒889-1301
児湯郡川南町大字川南17070
電話 0983-27-0355

●亜熱帯作物支場
〒889-3211
日南市南郷町贄波3236-3
電話 0987-64-0012
●薬草・地域作物センター
〒886-0212
小林市野尻町東麓2581-88
電話 0984-21-6061

>目次のページへ

 

(2)畜産試験場

1)試験研究に関するお問い合わせ先

主な内容

担当部

お問合せ先

畜産試験場の概要

研究企画主幹

0984-42-1115

研究成果の普及・広報、共同研究

視察・研修の相談窓口

肉用牛の育種改良

肉用牛部

0984-42-4344

肉用牛の飼養管理

乳用牛の飼養管理

酪農飼料部

0984-42-4837

飼料作物の栽培・調製及び栄養評価

受精卵移植と体外授精および受精卵の供給

家畜バイテク部

0984-42-3044

大家畜の飼養管理

豚の飼養管理

川南支場養豚科

0983-27-0168

みやざき地頭鶏の改良増殖

川南支場養鶏科

0983-27-0168

みやざき地頭鶏の飼養管理

家畜排せつ物処理

川南支場環境衛生科

0983-27-0168

2)所在地

●本場
〒889-4411
西諸県郡高原町大字広原5066
電話 0984-42-1122

   ●川南支場
〒889-1301
児湯郡川南町大字川南21986
電話 0983-27-0168

>目次のページへ

この記事に関するお問い合わせ先

農政企画課
〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
電話番号:0985-26-7123
ファックス番号:0985-26-7307
メールフォームによるお問い合わせ