畜産物輸出コンソーシアム推進対策事業(6月補正)

更新日:2021年07月19日

1 事業の目的・背景

生産者・食肉処理施設・輸出事業者の3者が連携し、産地ごとに輸出まで一貫して輸出促進を図る体制(コンソーシアム)の構築や、コンソーシアムが実施する商談、プロモーション等の取組及び、輸入国の求めに応えるためのマーケットインの取組等を支援することにより、県内畜産物(牛肉、鶏肉)の輸出額増加を図る。 

2 事業の概要

(1)予算額:181,192千円

(2)財源:国庫181,192千円

(3)事業期間:令和3年度

(4)事業主体:畜産物輸出コンソーシアム

(5)事業内容

   ・畜産物輸出コンソーシアムの設立・運営支援事業(国定額):28,000千円

コンソーシアムの設立及び推進、輸出先国のマーケット調査、コンソーシアムによるPR活動、販売促進活動への支援

・動物福祉対応及び血斑発生低減に向けた試験的取組支援事業(国定額):153,192千円

牛肉に関して米国等が要求する動物福祉に対応した保定用畜産用具(頭絡)の使用による家畜の取扱いや血斑発生低減に向けた試験的取組を支援

畜産物輸出コンソーシアム推進対策事業

この記事に関するお問い合わせ先

畜産新生推進局 畜産振興課
〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
電話番号:0985-26-7140
ファックス番号:0985-26-7329
メールフォームによるお問い合わせ