漁業経営セーフティーネット構築事業について

更新日:2021年03月09日

 燃油や養殖用配合飼料価格が高騰した時に、漁業者・養殖業者と国の拠出により、補てん金を交付し、経営の安定を図る事業です。

事業概要

 まず、燃油価格や配合飼料価格の高等に備えて、漁業者・養殖業者と国が1対1の負担割合で資金を積み立てます。

燃油の場合の補てん金

原油価格が一定の基準を超えて上昇した場合に、積立金から漁業者に補てん金を交付し、漁業経営の安定を図ります。

配合飼料の場合の補てん金

配合飼料価格が一定の基準を超えて上昇した場合に、積立金から養殖業者に補てん金を交付し、養殖業経営の安定を図ります。

加入について

  • 所属する漁協等で加入の申し込みができます。
  • 詳細については、下のパンフレットをお読みいただき、不明な点は下記問い合わせ先にお問合せください。

加入期間は原則3年間で、その後も継続できます。

継続しない場合には、加入期間満了時に積立金の残額が返還されます。

この記事に関するお問い合わせ先

水産政策課
〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
電話番号:0985-26-7145
ファックス番号:0985-26-7309
メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか