スマート農業情報「SMART!」

スマート農業とは?

「スマート農業」とは、「ロボット、AI、IoTなど先端技術を活用する農業」のことを言い、ICTやロボットなどの先端技術を農業分野に導入することにより、無人化・省力化や規模拡大・生産性を図り、農業の担い手や労働力不足の解消に加え、熟練農業者の技術伝承の観点からも、必要不可欠なものとなっています。

宮崎県では、令和元年12月に「みやざきスマート農業推進方針~ひなたスマートアグリビジョン~」を策定し、目指す将来像の実現のため、3つの視点で推進しています。

【目指す将来像】

  • 誰もが取り組める農業を目指した「農業のユニバーサル化」を実現
  • 超省力・高効率で高収益な農業を実現
  • 中山間地域など条件不利地域での持続可能な農業を実現

【3つの視点】

  • 情報の収集と発信や、マッチングの機械の創出、スマート農業を学べる環境の創出によって、スマート農業を知る機会を作ります。
  • スマート農業の実証や本県に適した技術・機器等の開発により、スマート農業を試す機会を作ります。
  • スマート農業を使いこなす人材の育成や、技術に対応した農地等の基盤整備の推進、スマート農業の普及・定着に向けた推進体制を整備していきます。

「みやざきスマート農業推進方針~ひなたスマートアグリビジョン~」には、スマート農業技術を活用した営農体系モデルや技術の紹介、導入事例の紹介等が掲載されています。地域の状況に応じてこれら情報をご活用ください。

「みやざきスマート農業推進方針」について

詳細についてはこちら

取組事例や技術・製品、相談窓口について