宮崎県内の美味しい水産物を紹介します

更新日:2021年03月03日

 宮崎県の海岸線は、北部と南部で一部屈曲に富んでおり、中部は平坦な砂浜地帯です。

 沿岸海域は、沖合を北上する黒潮の影響が強く、流入河川水及び豊後水道より南下する沿岸水と黒潮との間で複雑な海況を呈して、イワシ、アジ、サバの好漁場となっており、さらにその沖合には、カツオ、マグロの漁場が形成されています。

 また、内陸部でも豊富な湧水を利用してウナギ、アユ等が養殖されています。

 そこで、宮崎県内で利用されている水産物の一部をご紹介します。

 今回の水産物には、宮崎県内での呼び方やレシピなどの情報を掲載しています。

 また、これら水産物の写真は、「宮崎の海・川の幸を活用していただきたい。」との願いを込めて、水産試験場職員、普及指導員が浜を廻り、海へ潜り収集したものです。

 食卓や磯辺、川岸などで見かける水産生物を身近に感じていただけると思います。さらには、「この魚も宮崎で獲れるの!?」「この魚も食べられるの!?」といった、まさに目からウロコの情報も入っています。

注意:クリックすると写真が出てきます。(写真を見た後は、ぜひご賞味ください!!)

魚類

海水魚

淡水魚

介類

イカ・タコ

エビ

カニ

その他

海藻

この記事に関するお問い合わせ先

水産政策課
〒880-8501
宮崎県宮崎市橘通東2-10-1
電話番号:0985-26-7145
ファックス番号:0985-26-7309
メールフォームによるお問い合わせ

みなさまのご意見をお聞かせください
このページの内容は分かりやすかったですか
このページは見つけやすかったですか